国内外ニュース

新型ウイルス使い不正送金か 被害2億円超、警視庁

 警視庁が押収した通帳やキャッシュカードなど=5日、東京・愛宕署  警視庁が押収した通帳やキャッシュカードなど=5日、東京・愛宕署
 インターネットバンキングで不正送金された現金を引き出したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は5日までに、窃盗容疑で埼玉県川口市西川口、無職武村維先容疑者(31)を逮捕した。ネットバンキング利用者の預金を自動的に別口座へ移す新型ウイルス「DreamBot」を使ったとみている。逮捕は9月27日。

 サイバー犯罪対策課によると、武村容疑者は昨年11月~今年6月、24都府県で93件、計約2億4千万円を引き出したグループのメンバー。いずれもDreamBotによる被害とみられる。

(10月5日10時56分)

社会(10月5日)