国内外ニュース

「求刑重過ぎた」と異例の控訴 大麻所持事件、東京地検

 東京地裁が3月、大麻取締法違反事件の被告に言い渡した有罪判決について、東京地検が「同様の事件と比べて求刑が重過ぎた」との理由で控訴していたことが5日、裁判関係者への取材で分かった。求刑の重さを理由とした控訴は異例。

 検察側は大麻所持の罪に問われた被告の男に懲役1年6月を求刑し、地裁は3月に懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

 大麻所持罪の最高刑は懲役5年だが、地検は過去の裁判例を調べ、同様の事件と比べて求刑が重過ぎたと判断、控訴を決めた。東京高裁は6月、地裁判決を破棄し懲役6月、執行猶予3年とした。

(10月5日11時36分)

社会(10月5日)