国内外ニュース

シリア反体制派、北西部で新作戦 トルコ大統領が表明

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は7日、内戦が続くシリアの北西部イドリブ県で、トルコ軍が支援するシリア反体制派「自由シリア軍」が新たな軍事作戦を始めたと表明した。同県のほぼ全域に支配地域を広げたイスラム過激派が標的となる。トルコメディアが伝えた。

 エルドアン氏によると、イドリブ県の治安回復が目的で、シリアのアサド政権を支援するロシア軍が空から作戦を支援。トルコ軍は現段階では国境のトルコ側にとどまっているが、同氏はこれまでに、トルコ軍が県内に入る可能性を示唆している。

(10月7日21時00分)

国際(10月7日)