国内外ニュース

神戸製鋼、アルミのデータ改ざん ジェット旅客機MRJにも納入

 アルミ製品の一部で性能データを改ざんした問題について、謝罪する神戸製鋼所の梅原尚人副社長(中央)ら=8日午後、東京都港区  アルミ製品の一部で性能データを改ざんした問題について、謝罪する神戸製鋼所の梅原尚人副社長(中央)ら=8日午後、東京都港区
 神戸製鋼所は8日、アルミ製品の一部で強度などの性能データを改ざんして納入していたと発表した。三菱重工業によると、開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)にも使われている。不正は組織的に、約10年前から行われていた。

 強度不足の恐れもあるが、三菱重工は安全性に問題はなく、MRJの開発に影響しないとの見方を示した。

 神戸製鋼は昨年にもグループ会社、神鋼鋼線ステンレス(大阪府泉佐野市)によるステンレス製品のデータ改ざんが発覚しており、信用力の低下は必至だ。川崎博也会長兼社長ら経営陣の責任の明確化は避けられない。

(10月8日21時00分)

経済(10月8日)