国内外ニュース

宅配ロボットが書類配達 東京・六本木ヒルズで実験を公開

 宅配ロボットが運んできた荷物を取り出す女性=8日、東京都港区の六本木ヒルズ  宅配ロボットが運んできた荷物を取り出す女性=8日、東京都港区の六本木ヒルズ
 大型再開発を手掛ける森ビルなどは8日、ビル内を自動走行する宅配ロボットがエレベーターを使って書類を配達する実験を都内の複合商業施設「六本木ヒルズ」で始めた。物流分野は人手不足が深刻化しており、ロボット活用で効率化を目指す。

 ロボットはベンチャー企業のZMP(東京)が開発した。全長は133センチ、幅75センチ、高さ109センチで、重さ100キロまで運べる。地図を読み込ませておくと、センサーで周囲の状況を確認しながら最大時速6キロで目的地まで動く。

 実験は来年3月まで。高層ビル地下の物流センターや地上店舗からエレベーターを使って、荷物やコーヒーを届ける。

(10月8日15時33分)

経済(10月8日)