国内外ニュース

那覇伝統の200メートル綱引き 27万人の熱気、会場は国道

 那覇市の国道で開かれた、世界最大級の大綱を引き合う「那覇大綱挽」=8日午後  那覇市の国道で開かれた、世界最大級の大綱を引き合う「那覇大綱挽」=8日午後
 全長200メートル、重さ40トンの世界最大級の大綱を引き合う沖縄県の伝統行事「那覇大綱挽」が8日、那覇市街地で開かれた。会場の国道58号は、引き手や見物客ら約27万人(主催者発表)であふれ、熱気に包まれた。

 オフィス街にある久茂地交差点の真ん中で、長さ100メートルの大綱2本を結びつけ、東西両陣営に分かれて勝負開始。爆竹が鳴り響く中、計約1万5千人の引き手が「ハーイヤ」の掛け声に合わせて綱を引いた。

 約10分間の熱戦の末、東チームが勝利。

 那覇大綱挽は琉球王国時代に始まったとされる。1935年を最後に途絶え、那覇市制50周年の71年に復活した。

(10月8日19時16分)

暮らし・話題(10月8日)