国内外ニュース

朝比奈沙羅が東海大柔道部退部 独自で練習、異例のケース

 朝比奈沙羅  朝比奈沙羅
 柔道の世界選手権女子78キロ超級銀メダリストで、全日本女王の朝比奈沙羅(20)が東海大の柔道部を9月末に退部していたことが8日、関係者の話で分かった。今後も同大に在学しながら独自で練習を続け、2020年東京五輪を目指す。フリーの立場での活動は柔道界では異例のケースとなる。

 複数の関係者によると「強化方針に対する考え方の相違」が主な理由という。最近は国際大会を主戦場としており、大学の練習や試合にはほとんど参加していなかった。

 東海大3年の朝比奈は、昨年の講道館杯全日本体重別選手権で女子初の4連覇を達成。今年は体重無差別で争う4月の全日本女子選手権を初制覇。

(10月8日21時35分)

スポーツ(10月8日)