国内外ニュース

米、乱射時公演の歌手TVに出演 犠牲者を追悼

 ジェイソン・アルディーンさん=6月、米テネシー州(ロイター=共同)  ジェイソン・アルディーンさん=6月、米テネシー州(ロイター=共同)
 【ラスベガス共同】米西部ラスベガスで1日に銃乱射事件が起きた際、標的となった屋外コンサート会場でステージに立っていたカントリー歌手ジェイソン・アルディーンさんが7日夜、人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演し、犠牲者を悼み、つらい時を乗り越えていこうと呼び掛けた。

 米メディアによると、アルディーンさんはサプライズ出演し、番組冒頭で「米史上最悪の悲劇を目にした。皆さんと同じように私もあの夜、何が起きたのか、理解しようと努めている」と語り掛けた。

 アルディーンさんが歌ったのは、2日に死去したトム・ペティさんの「アイ・ウォント・バック・ダウン」。

(10月8日22時02分)

国際(10月8日)