国内外ニュース

松村が日本勢最高の6位 シカゴ・マラソン

 男子で優勝したゲーリン・ラップ=シカゴ(AP=共同)  男子で優勝したゲーリン・ラップ=シカゴ(AP=共同)
 【シカゴ共同】シカゴ・マラソンは8日、シカゴで行われ、男子の日本勢は松村康平(MHPS)が2時間11分46秒の6位に入ったのが最高だった。速報記録で宮脇千博(トヨタ自動車)は11位、松尾良一(旭化成)は18位。

 ゲーリン・ラップ(米国)が2時間9分20秒で制し、昨年覇者アベル・キルイ(ケニア)が28秒差の2位となった。米国男子の優勝は15年ぶり。

 女子は5000メートルの世界記録保持者、ティルネッシュ・ディババ(エチオピア)が2時間18分31秒で優勝した。

 車いす男子は渡辺勝(TOPPAN)が日本勢最高の4位となった。

(10月9日1時05分)

スポーツ(10月9日)