国内外ニュース

国歌起立拒否は「侮辱」 米副大統領、NFLの観戦中断

 ペンス副大統領(UPI=共同)  ペンス副大統領(UPI=共同)  8日、米インディアナ州で行われたNFLの試合前、国歌斉唱の際に起立するペンス副大統領(前列左)(AP=共同)  8日、米インディアナ州で行われたNFLの試合前、国歌斉唱の際に起立するペンス副大統領(前列左)(AP=共同)
 【ワシントン共同】ペンス米副大統領は8日、地元の中西部インディアナ州で行われた米プロフットボールNFLの試合で、国歌斉唱の際に選手が起立を拒否したことを受けて観戦を中断、退場した。ペンス氏は声明で「トランプ大統領と私は、米国の軍隊や国旗、国歌を侮辱するいかなる出来事も受け入れられない」と述べた。

 トランプ氏はツイッターで、起立を拒む選手が出たら退場するようペンス氏に要請していたと述べ、ペンス氏の行動を「誇りに思う」と書き込んだ。

 トランプ氏は国歌斉唱の際に起立しない選手を激しく攻撃、スポーツ界は「表現の自由を軽視している」として反発を強めていた。

(10月9日10時33分)

国際(10月9日)