国内外ニュース

英EU離脱、重要論点の進展困難 ブリュッセルで5回目交渉

 9月にエストニアで行われたEU首脳による夕食会でのメイ英首相(右)とEUのユンケル委員長=9月28日、タリン(ロイター=共同)  9月にエストニアで行われたEU首脳による夕食会でのメイ英首相(右)とEUのユンケル委員長=9月28日、タリン(ロイター=共同)
 【ブリュッセル共同】英国と欧州連合(EU)は9日、英国のEU離脱を巡る5回目の交渉会合をブリュッセルで始める。英国の離脱費用支払いなど重要3論点が「十分に進展」すれば、19~20日のEU首脳会議での承認を経て離脱後の通商関係などの協議を始めると当初想定されたが、両者の主張の溝は深く、進展は困難とみられる。

 EUのユンケル欧州委員長は先月29日「奇跡でも起きない限り」10月中に十分な進展は望めないと述べた。欧州議会は3日、通商交渉入り決定を先送りするよう同首脳会議に求める決議を採択した。

 会合は12日までの予定で、終了後に双方が進捗状況などを説明する。

(10月9日16時30分)

国際(10月9日)