国内外ニュース

筧被告に死刑求刑、連続青酸事件 検察「凶悪重大」と指摘

 筧千佐子被告  筧千佐子被告
 青酸化合物を使った近畿の連続殺人事件で高齢男性4人への殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の論告求刑公判が10日、京都地裁(中川綾子裁判長)で開かれ、検察側は「まれに見る凶悪重大な事件」として死刑を求刑した。11日に弁護側が最終弁論して結審し、来月7日に判決が言い渡される予定。

 検察側は論告で、4事件の共通点として「遺産目当てや借金返済を逃れる目的で青酸化合物を飲ませた」と指摘。「公正証書を作らせる周到な準備をした上で、健康食品と偽って青酸化合物を飲ませる手口は巧妙で卑劣だ」と批判した。

(10月10日12時31分)

社会(10月10日)