国内外ニュース

西武の菊池、8年目で初タイトル ソフトBのデスパイネが2冠

 パ・リーグの全日程が10日に終了して個人タイトルが確定し、菊池(西武)が16勝、防御率1・97で最多勝と最優秀防御率を獲得し、プロ8年目で初のタイトルに輝いた。最多勝は東浜(ソフトバンク)も5年目で初めて獲得した。

 デスパイネ(ソフトバンク)が35本塁打、103打点で本塁打王と打点王の2冠に輝いた。秋山(西武)が打率3割2分2厘、185安打で初の首位打者と2度目の最多安打を手にした。柳田(ソフトバンク)が4割2分6厘で3年連続の最高出塁率、西川(日本ハム)が39盗塁で3年ぶり2度目の盗塁王を獲得した。

(10月10日16時45分)

プロ野球(10月10日)