国内外ニュース

衆院選、1180人が立候補 憲法、消費税で3極論戦

 衆院選が公示され、候補者らの演説に耳を傾ける有権者ら=10日午後、東京都八王子市  衆院選が公示され、候補者らの演説に耳を傾ける有権者ら=10日午後、東京都八王子市  衆院選が公示され、各地で街頭演説する(上右から)自民党総裁の安倍首相、希望の党の小池代表、公明党の山口代表、共産党の志位委員長、(下右から)立憲民主党の枝野代表、日本維新の会の松井代表、社民党の吉田党首、日本のこころの中野代表=10日  衆院選が公示され、各地で街頭演説する(上右から)自民党総裁の安倍首相、希望の党の小池代表、公明党の山口代表、共産党の志位委員長、(下右から)立憲民主党の枝野代表、日本維新の会の松井代表、社民党の吉田党首、日本のこころの中野代表=10日
 第48回衆院選は10日公示され、小選挙区と比例代表の全465議席に1180人が立候補した。「安倍1強」と呼ばれる安倍晋三首相(自民党総裁)の政権運営の是非が問われる選挙。憲法改正や消費税を争点に、与党の自民、公明両党に対し、希望の党、日本維新の会のほか、共産、立憲民主、社民各党が挑む3極対立の構図が確定した。与野党8党の党首らは22日の投開票日へ向け、論戦を激化させた。

 前回衆院選から定数が10削減され、小選挙区は289議席、比例代表は176議席となる。

 午後5時に立候補の届け出が締め切られた。

(10月10日18時06分)

政治(10月10日)