国内外ニュース

川崎通り魔「自宅の包丁使った」 任意聴取に逮捕の男

 黒沼由理さんが刺殺されたトンネル内の歩道に供えられた花束=10日午後、川崎市宮前区  黒沼由理さんが刺殺されたトンネル内の歩道に供えられた花束=10日午後、川崎市宮前区
 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、帰宅途中のアルバイト黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された事件で、神奈川県警に殺人の疑いで逮捕された鈴木洋一容疑者(37)が、任意の聴取に「自宅にあった包丁を使った」と供述していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 2人に面識はなく、県警は通り魔事件とみている。鈴木容疑者は任意聴取で殺害を認め、動機について「女性から虐待を受けた経験があり、女性を刺したい衝動があった」と話しており、事件の計画や準備の詳しい経緯を調べている。

(10月10日19時11分)

社会(10月10日)