国内外ニュース

体操・内村、個人総合続ける意向 来年4月の全日本で復帰か

 カナダで行われた体操の世界選手権から帰国し、記者会見する内村航平=10日午後、成田空港  カナダで行われた体操の世界選手権から帰国し、記者会見する内村航平=10日午後、成田空港
 体操の世界選手権(モントリオール)男子予選の跳馬で左足首を痛めて途中棄権し、個人総合で7連覇を逃した28歳の内村航平(リンガーハット)は10日、成田空港に帰国し「6種目やってこそ体操という気持ちは変わっていない」と今後も個人総合に挑み続ける意向を示した。

 現地の検査で骨には異常がなかったが、全治2~3週間の負傷となった。今後については「けがが治り次第。確実に決まっているのは来年の(世界選手権代表選考会の4月の)全日本選手権」と復帰の見通しを語った。

(10月10日19時46分)

国際大会(10月10日)