国内外ニュース

ボイコットに82%反対 モスクワ五輪の日本代表

 日本スポーツ学会は10日、東西冷戦下で日本などがボイコットした1980年モスクワ五輪をテーマにしたシンポジウムを東京都内で開き、当時の日本代表選手を対象に実施したアンケートで、82%が「ボイコットすべきではなかったか」の質問に「はい」と回答したと公表した。

 同学会によると、モスクワ五輪の「幻の日本代表」に選ばれたのは178人。そのうち所在が判明した92人に質問書を送付し、9日までに61人から回答を得た。「ボイコットは意味があったか」には74%が「いいえ」と答え、57%が「ボイコットはその後の日本スポーツ界に悪影響を及ぼした」とした。

(10月10日20時20分)

スポーツ(10月10日)