国内外ニュース

欧州ワイン生産、戦後最低に 今年見通し、質は良好

 フランス北東部エペルネーのワイン畑=2014年(AP=共同)  フランス北東部エペルネーのワイン畑=2014年(AP=共同)  フランス・ブルゴーニュ地方で収穫したブドウを運ぶ労働者=9月12日(AP=共同)  フランス・ブルゴーニュ地方で収穫したブドウを運ぶ労働者=9月12日(AP=共同)
 【ブリュッセル共同】欧州最大の農業生産者団体COPA・COGECA(本部ブリュッセル)は10日、欧州の今年のワイン生産量は第2次大戦後最低の約145億リットルに落ち込む見通しだと明らかにした。欧州メディアが伝えた。天候不順が原因。ただ、ブドウの収穫期を前にした夏の猛暑が幸いし、品質は「全域で大変良い」という。

 これまでの最低の生産量を明らかにしていないが、昨年と比べると14%減少。国別ではイタリアで26%、フランスで18%、スペインで20%のそれぞれ減少となり、主要産地では軒並み大幅ダウンになるとしている。

(10月11日7時28分)

経済(10月11日)