国内外ニュース

米B1爆撃機、日韓と共同訓練 北朝鮮をけん制、夜間初

 米領グアムの空軍基地を離陸するB1戦略爆撃機=10日(米太平洋空軍提供・聯合=共同)  米領グアムの空軍基地を離陸するB1戦略爆撃機=10日(米太平洋空軍提供・聯合=共同)
 航空自衛隊は11日、空自のF15戦闘機2機と米空軍のB1戦略爆撃機2機が10日夜、九州周辺の空域で共同訓練を実施したと明らかにした。米軍はその後、日本海上空などで韓国空軍とも共同訓練を行った。北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日の10日に日米韓の連携を示し、軍事挑発の構えを見せる北朝鮮を強くけん制する狙いとみられる。

 米太平洋軍所属のB1が、日韓の戦闘機と夜間に共同訓練を実施するのは初めてという。韓国の聯合ニュースによると、韓国政府関係者は「これから2、3週間隔でB1が飛来することになる」と語った。

(10月11日13時26分)

国際(10月11日)