国内外ニュース

北海道で車が線路内1キロ走行 83歳男性、踏切から進入

 10日午後10時ごろ、北海道白老町のJR室蘭線萩野―白老間で、釧路市の無職男性(83)の乗用車が踏切から線路内に進入した。誤って入ったとみられ、そのまま白老駅を通過、計約1・2キロ走った先の踏切で立ち往生した。列車との衝突はなく、けが人もなかった。

 苫小牧署によると、男性は「道路と勘違いした」という趣旨の説明をしている。線路に進入後、次の踏切で道路に戻ろうとして立ち往生したといい、通り掛かった女性が見つけて110番した。

 JR北海道によると、白老駅は午後6時で駅員が業務を終えるため、車が駅構内の線路上を通過したことを察知できなかったという。

(10月11日11時22分)

社会(10月11日)