国内外ニュース

サッカー、パナマが初のW杯へ 北中米カリブ海、米国は予選敗退

 コスタリカを破り、初の本大会出場を決めて喜ぶパナマの選手たち=10日、パナマ市(AP=共同)  コスタリカを破り、初の本大会出場を決めて喜ぶパナマの選手たち=10日、パナマ市(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】サッカーのワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選は10日、各地で最終節が行われ、パナマがコスタリカを2―1で破って勝ち点を13に伸ばし、3位に浮上して初の本大会出場を決めた。8大会連続出場を目指した米国は敵地でトリニダード・トバゴに1―2で敗れ、同12で5位に転落して予選敗退となった。

 ホンジュラスがメキシコを3―2で破って同13。得失点差で4位となり、アジア予選5位のオーストラリアと対戦する11月の大陸間プレーオフに回った。

(10月11日11時30分)

サッカー(10月11日)