国内外ニュース

山口組系幹部ら4人に有罪 神戸系会長の暴行死、和歌山

 和歌山市で昨年10月、当時の指定暴力団神戸山口組系紀州連合会の会長だった男性を暴行して死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた指定暴力団山口組系の組幹部鈴木充被告(55)=同市=ら4人の裁判員裁判で、和歌山地裁(武田正裁判長)は11日、懲役8年6月~同7年の判決を言い渡した。求刑は鈴木被告を含む3人が懲役10年、ほか1人は懲役8年だった。

 事件では他にも同じ組の幹部を含む4人が同罪などで起訴されている。

 武田裁判長は判決理由で「被告らは、被害者が対立関係にある暴力団の会長だと認識し、暴行の意思を通じ合わせていた」と共謀を認定した。

(10月11日12時41分)

社会(10月11日)