国内外ニュース

日本語力や事業3年継続が要件 厚労省、外国人実習生に介護追加

 介護の外国人技能実習に関する主な要件  介護の外国人技能実習に関する主な要件
 外国人の技能実習制度に介護職種を追加する法改正が11月に施行されるのを前に、厚生労働省は11日までに、受け入れ先の事業所や実習生に求める要件を公表した。開設3年以上の事業所を対象とし、実習生は入国段階で基本的な日本語を理解できる能力が必要とした。受け入れ人数の上限を常勤介護職員の総数までとすることも定めた。

 介護現場の人手不足が続く中、ベトナムなどアジア諸国からの来日が想定されており、年明けに第1陣が入国するとみられる。ただ、受け入れ事業所数や人数については、厚労省は把握していない。

(10月11日17時16分)

暮らし・話題(10月11日)