国内外ニュース

米山火事、一部で鎮火 ワイン生産に影響も

 10日、米カリフォルニア州の山火事で焼けた自宅から荷物を捜す住人(AP=共同)  10日、米カリフォルニア州の山火事で焼けた自宅から荷物を捜す住人(AP=共同)
 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州の複数地域で起きた山火事は10日、南部アナハイム周辺で火勢が衰え、避難命令が解除された。サンフランシスコ北方のナパ郡やソノマ郡などでは消火作業が続き、2万人超が避難している。周辺のワイン産地への影響も懸念されている。

 米メディアによると、これまでに少なくとも死者が17人、行方不明者も約200人に上るなど「同州で最悪の自然災害の一つ」となった。ワインの産地として知られるナパ郡では、醸造所やブドウ園に大きな被害が出ている。

 山火事では、約180人が煙を吸い込んだり、やけどを負ったりして病院に搬送された。

(10月11日17時45分)

国際(10月11日)