国内外ニュース

新燃岳噴火、宮崎3市1町に降灰 登山道の規制拡大

 新燃岳の噴火でフロントガラスやボディーが火山灰に覆われた車=11日午後、宮崎県高原町  新燃岳の噴火でフロントガラスやボディーが火山灰に覆われた車=11日午後、宮崎県高原町
 宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)が約6年ぶりに噴火したことを受け、気象庁は11日、降灰調査を実施、宮崎市や小林市など宮崎県の3市1町で降灰を確認したと発表した。宮崎県は同日、噴火前から続けていた登山道への立ち入り規制の範囲を拡大した。

 宮崎、鹿児島両県警などによると、けが人を含めた被害の情報は入っていない。噴火前から両県は火口から約3キロの範囲で立ち入りを規制。小林市側から霧島連山につながる主要な登山道が11日、新たな規制対象となった。

 気象庁によると、新燃岳は11日午前5時34分ごろに噴火。灰白色の噴煙が東方へ流れていた。

(10月11日19時25分)

社会(10月11日)