国内外ニュース

韓国ロッテ、持ち株会社制に移行 経営の透明化をアピール

 ロッテグループの持ち株会社発足の記者会見で発表された、新会社のロゴマーク=12日、ソウル(共同)  ロッテグループの持ち株会社発足の記者会見で発表された、新会社のロゴマーク=12日、ソウル(共同)
 【ソウル共同】韓国ロッテグループは12日、持ち株会社制に移行した。系列のロッテ製菓など4社が傘下に入る。ロッテでは2015年、創業者の経営権争いの過程で不透明な経営体質が表面化した。今回の措置でグループ内の関連会社が複雑に株式を持ち合う「循環出資」と呼ばれる構造を大幅に解消し、経営の透明化をアピールする。

 4社を投資部門と事業部門に分割した上で、投資部門の合併を通じて持ち株会社を形成。各事業部門は会社組織とし、持ち株会社が各事業会社の株式を今後20%以上持つ。日本側の中核企業のロッテホールディングス(HD)と同様の構造となる。

(10月12日12時46分)

経済(10月12日)