国内外ニュース

東電に原燃債務保証を要請 電力各社、再稼働見据え

 東京電力ホールディングスが、日本原燃へ追加で債務保証するよう電力各社から求められていることが12日分かった。柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が再稼働に向けた審査に事実上合格したことを受け、再稼働すれば使用済み核燃料を出すようになることから、応分の負担を要請した。ただ、原発事故後の経営悪化を受け、現状では応じるのは困難とみられる。

 原燃は使用済み核燃料の再処理工場の完成延期を繰り返し、建設費も2兆9千億円まで膨らんでいる。原発を持つ電力各社が運営を資金面で支えているが、東電は経営不振から保証額を減らしてきた経緯がある。

(10月12日12時40分)

経済(10月12日)