国内外ニュース

沖縄県警「消火活動優先」 発生時、県の環境調査拒否

 沖縄県警は12日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが不時着した東村高江の現場で、県が11日に実施しようとした環境調査を拒んだ経緯に関し「消火活動を優先し、安全が確認できるまで(規制線内に入れる人員を)最小限にしようとした」と説明した。

 県によると、機体の一部に放射性物質が使われている可能性があり、事故が発生した11日の夜、線量計を用意し、環境調査を行おうとしたが、規制線を張る県警側から「消防関係者、警察、米軍以外は入れない」として、立ち入りを拒否された。県と県警によると、12日現在、調査できるよう調整中という。

(10月12日18時00分)

社会(10月12日)