国内外ニュース

東京円、112円台前半

 12日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=112円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比06銭円高ドル安の1ドル=112円22~24銭。ユーロは37銭円安ユーロ高の1ユーロ=133円17~21銭。

 朝方は、前日の米株価上昇の影響により、安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢だった。午後は、時間外取引で米長期金利が低下したことを受け、円の買い戻しがあった。

 市場では「米連邦準備制度理事会(FRB)高官の講演内容を見極めたいとの思惑で、積極的な取引は控えられた」(外為ブローカー)と指摘する声があった。

(10月12日18時00分)

経済(10月12日)