国内外ニュース

韓国のGDP成長見通し上方修正 中銀、政策金利は据え置き

 【ソウル共同】韓国銀行(中央銀行)は19日、2017年の国内総生産(GDP)成長率見通しを、7月に示した2・8%から3・0%に上方修正した。来年の成長率については2・9%との見通しを示した。

 韓銀は今後の国内経済について「輸出が世界経済の回復などによって好調で、内需も財政支出拡大などで緩やかに改善する」との見方を示した。

 また、韓銀は同日、政策金利を現行の1・25%に据え置くことを決めた。

(10月19日15時12分)

経済(10月19日)