国内外ニュース

セブンとヤマト、配送にEV導入 物流で本格運用は国内初

 小型電動トラックに充電するセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(右)ら=19日、東京都日野市  小型電動トラックに充電するセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(右)ら=19日、東京都日野市
 セブン―イレブン・ジャパンとヤマト運輸は19日、三菱ふそうトラック・バス(川崎市)の小型電動トラックを商品や宅配便の配送に導入すると発表した。量産型の電気自動車(EV)を物流で本格的に活用するのは国内で初めて。

 セブンとヤマトは首都圏でそれぞれ25台導入。課題を洗い出し、本格運用を目指す考えだ。

 導入するのは三菱ふそうの「eキャンター」で、1回1時間半の充電による航続距離は約100キロ。従来のディーゼル車よりも走行コストは大幅に安いという。

 セブンは配送センターから店舗への近距離の冷蔵商品配送に活用。冷蔵トラックのEV配送は世界で初という

(10月19日16時31分)

経済(10月19日)