国内外ニュース

NZ、9年ぶり政権交代へ 首相に37歳、TPP影響も

 19日、ニュージーランドの首都ウェリントンで記者会見する労働党のジャシンダ・アーダン党首(AP=共同)  19日、ニュージーランドの首都ウェリントンで記者会見する労働党のジャシンダ・アーダン党首(AP=共同)
 【シドニー共同】ニュージーランド議会の総選挙で第3党となり、連立政権成立の鍵を握るポピュリスト政党ニュージーランド・ファースト党のピーターズ党首(72)は19日、第2党の野党で中道左派の労働党と連立を組むと発表した。これにより9年ぶりの政権交代が決まり、首相には労働党の女性党首ジャシンダ・アーダン氏(37)が就任する。同国で3人目の女性首相となる。

 労働党は環太平洋連携協定(TPP)見直しを主張し、ニュージーランド・ファースト党もTPPに反対の立場。政権交代で、日本などが早期発効を目指す交渉に影響する可能性がある。

(10月19日19時46分)

国際(10月19日)