国内外ニュース

元若嶋津、少しずつ快方に 湊川親方明かす、反応も

 二所ノ関親方が入院する病院を訪れた妻のみづえさん=20日、千葉県船橋市  二所ノ関親方が入院する病院を訪れた妻のみづえさん=20日、千葉県船橋市  二所ノ関親方が入院する病院を訪れた日本相撲協会の八角理事長=20日、千葉県船橋市  二所ノ関親方が入院する病院を訪れた日本相撲協会の八角理事長=20日、千葉県船橋市
 19日に千葉県船橋市の市道で倒れているところを発見され、頭部の手術を受けた大相撲の元大関若嶋津の二所ノ関親方(60)=本名日高六男=について、二所ノ関部屋付きの湊川親方(元小結大徹)は20日、二所ノ関親方が少しずつ快方に向かっていると説明した。入院先の船橋市内の病院で取材に応じた。

 引き続き集中治療室に入っているが、命に別条はないという。湊川親方は「小康状態は続いている。眠っている感じ。(医師によると)指先が動き、少しずつ反応しているという」と話した。

 二所ノ関親方は19日にサウナから自転車に乗って部屋に戻る途中で倒れたとみられる。

(10月20日13時01分)

相撲(10月20日)