国内外ニュース

最高裁、「オタ芸」へ不服認めず ライブ観客男性、敗訴確定

 ファンが独特の掛け声でライブを盛り上げる「オタ芸」のため、演奏が聞こえなかったとして、兵庫県尼崎市の男性が、主催者側に約100万円の損害賠償とライブやり直しを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は、請求を認めなかった二審判決を支持し、男性の上告を退ける決定をした。18日付。男性の敗訴が確定した。

 訴えられていたのは、アイドルグループのメンバーら。確定判決によると、男性が2014年1月、ライブ鑑賞した際、一部ファンが曲に合わせて掛け声を出した。

 一審神戸地裁は「悪意を持ってコンサートを妨害する行為とは違う」と請求を棄却。二審大阪高裁も支持した。

(10月20日23時30分)

社会(10月20日)