国内外ニュース

米空母、韓国釜山に入港 日韓と訓練、北朝鮮けん制

 21日、韓国・釜山に入港した米軍の原子力空母ロナルド・レーガン(共同)  21日、韓国・釜山に入港した米軍の原子力空母ロナルド・レーガン(共同)
 【釜山共同】朝鮮半島周辺海域での米韓共同訓練に参加した米軍の原子力空母ロナルド・レーガンが21日、韓国南部の釜山に入港した。米軍のB1戦略爆撃機2機も同日、日本の航空自衛隊や韓国空軍との共同訓練を行った。戦略兵器の展開と、日米韓の連携で核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙い。

 釜山で記者会見したブラッド・クーパー在韓米海軍司令官は、訓練について「北朝鮮の挑発を抑止するため、米国はいつでも準備ができていることを示すもの」と強調した。

 B1は航空自衛隊のF2戦闘機2機と九州周辺空域で共同訓練を実施後、韓国空軍のF15戦闘機とも日本海上空で訓練した。

(10月21日19時51分)

国際(10月21日)