国内外ニュース

衆院選後に約60事件捜査 公選法違反容疑、警察

 警察庁は21日、全国の警察が22日の衆院選の投票終了後に、公選法違反容疑で捜査に着手するのは約60事件と明らかにした。半数程度が買収容疑になるという。取り調べの対象者は全体で約100人に上る見通し。2014年の前回衆院選では、投票日の90日後までに87事件を摘発した。

 警察庁は、投票日2日前となる20日現在の公選法違反容疑による取り締まり状況も発表。候補者ポスターを剥がすなどの自由妨害で6人を逮捕したほか、選挙事務関係者に対する暴行で1人を逮捕した。

 全国の警察が20日までに出した警告件数は1458件で、前回の衆院選と比べて8件増加した。

(10月22日5時05分)

社会(10月22日)