国内外ニュース

女子駅伝、豊田自動織機が優勝 全日本実業団対抗予選会

 陸上の全日本実業団対抗女子駅伝(11月26日・宮城県)の予選会が22日、福岡県の宗像ユリックス発着の6区間、42・195キロで行われ、豊田自動織機が2時間20分28秒で優勝した。2位にパナソニック、3位にダイハツが入った。上位14チームが全日本の出場権を獲得した。

 豊田自動織機は1区で10位と出遅れたが、2区の籔下明音が3位まで順位を上げた。その後、パナソニックと激しい首位争いを演じ、最終6区で林田みさきが区間1位の走りでゴールした。

 全日本は前回初優勝の日本郵政グループなどシード権を持つ昨年の上位8チームを合わせ、22チームで争われる。

(10月22日17時41分)

スポーツ(10月22日)