国内外ニュース

投票用紙の交付ミス相次ぐ、熊本 2枚重ねて渡すなど

 熊本県選挙管理委員会は22日、同日投開票の衆院選で投票用紙の二重交付などのミスが相次いだと発表した。

 宇城市の投票所では比例代表の投票用紙が、湯前町では小選挙区の投票用紙がそれぞれ1枚不足していることが判明。有権者1人に2枚重ねたまま交付したとみられる。山都町の投票所では有権者1人に比例代表の投票用紙を交付すべきところ、同日選となった町議会議員選挙の投票用紙を誤って交付した。

 各市町の選管は各投票所に対し交付手順の確認を徹底するよう改めて指示した。

(10月22日19時55分)

社会(10月22日)