国内外ニュース

投票率、戦後2番目の低さ 53・68%で確定

 総務省は23日、衆院選の投票率が小選挙区、比例代表ともに53・68%で確定したと発表した。戦後最低だった前回2014年衆院選(小選挙区52・66%、比例代表52・65%)を小選挙区で1・02ポイント上回ったものの、戦後2番目に低い水準となった。

 期日前投票者数は前回から約63%増の約2138万人と過去最多だったが、22日に投票した有権者が落ち込んだ。野党の分裂で自民、公明両党との政権選択選挙に持ち込むことができなかったことで有権者の関心が高まらなかったほか、超大型の台風21号による悪天候が影響したとみられる。

(10月23日12時41分)

政治(10月23日)