国内外ニュース

比例、自民が公示前議席に迫る 立憲民主が大幅増

 第48回衆院選の比例代表選挙(定数176)は22日に即日開票され、自民党が66議席を確保した。公示前の68議席に迫り、比例第1党の座を維持した。立憲民主党は、公示前の9議席から大幅増で、34議席を得た。希望の党は32議席を固めたものの、公示前の35議席には届いていない。

 公明党は21議席に達した。過去最多だった2014年の26議席を得るのは厳しい。共産党は11議席を確実にした。14年の20議席からは大きく後退した。日本維新の会は6議席を固めている。

 社民党は公示前の1議席を得る可能性がある。

(10月23日3時31分)

政治(10月23日)