国内外ニュース

東芝、純損益が赤字に 下方修正、半導体売却で税負担増

 東芝は23日、2018年3月期の連結業績予想を下方修正し、純損益見通しが従来の2300億円の黒字から1100億円の赤字になると発表した。半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却契約に伴う税金負担として約3400億円を織り込んだため。

 東芝が来年3月末までに売却を完了できなければ、18年3月末時点で債務超過額は約7500億円まで膨らむとの見通しを示した。完了して売却益を計上できれば純損益は黒字になり、債務超過も解消するとしている。

(10月23日15時56分)

経済(10月23日)