国内外ニュース

EUトップ、安倍氏に書簡 日欧EPA「年内合意を」

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のトゥスク大統領とユンケル欧州委員長は23日、衆院選での自民党勝利を受け安倍晋三首相に書簡を送り、祝意を伝えた上で、7月に大枠合意した日本との経済連携協定(EPA)に関し「12月までに交渉をまとめることを目指すべきだ」として、年内最終合意の目標を改めて示した。

 EPA交渉は、7月の大枠合意時に先送りした投資紛争の解決手続き問題などで依然隔たりが埋まらず、年内最終合意は予断を許さない。

 EUの2首脳は、自由で公正な貿易や法に基づいた国際秩序づくりなど、共通の課題に引き続き協力して取り組むことを「期待している」と強調した。

(10月24日8時30分)

経済(10月24日)