国内外ニュース

東京六大学野球、明大が首位に 勝ち点4、第7週

 東京六大学野球リーグ第7週第2日は24日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、明大が東大を6―3で下し、勝ち点を4に伸ばして首位に立った。28日からの早慶戦で慶大が連勝すれば優勝、1敗すれば明大の優勝となる。東大は40季連続の最下位が確定。法大と立大は延長十二回、2―2で引き分けた。

 明大は水野が7回9安打1失点で今季3勝目。東大の左腕宮台は救援登板し、4回を5安打2失点だった。

(10月24日18時35分)

スポーツ(10月24日)