国内外ニュース

神鋼20工場に立ち入りへ JIS機関、審査拡大

 神戸製鋼所東京本社=24日午後、東京都品川区(共同通信社ヘリから)  神戸製鋼所東京本社=24日午後、東京都品川区(共同通信社ヘリから)
 神戸製鋼所によるアルミニウム製品などのデータ改ざん問題を巡り、日本工業規格(JIS)の認証機関が、立ち入り審査する同社工場を計20拠点に拡大することが24日、分かった。世耕弘成経済産業相の指示を踏まえ、安全性を確認するため異例の厳しい姿勢で臨む。主力の製鉄所や海外拠点も含まれる。悪質であればJIS認証の取り消しもあり得る。その場合、信用はさらに低下して業績に悪影響が出そうだ。

 子会社のコベルコマテリアル銅管の秦野工場(神奈川県秦野市)は既に審査しており、新たに19工場を審査する。

 審査は国の指定を受けた登録認証機関が実施する。

(10月24日20時01分)

経済(10月24日)