国内外ニュース

18、19歳投票率41・51% 全体より12ポイント下回る

 総務省は24日、衆院選の18、19歳の投票率(小選挙区)について、一部の投票区を抽出して調査した結果、41・51%だったと発表した。全体の投票率53・68%を12・17ポイント下回った。若者の政治参加が課題として浮上する中、今後も「主権者教育」の在り方が問われそうだ。

 年齢別の投票率は、18歳が50・74%、19歳は32・34%。男女別では18歳男性が49・70%、19歳男性が32・10%、18歳女性が51・87%、19歳女性が32・57%だった。

 昨年参院選でも、18、19歳の投票率(選挙区)は46・78%と全体より7・92ポイント低かった。

(10月24日20時15分)

政治(10月24日)