国内外ニュース

小池氏、パリの市場を視察 「民間運営参考にしたい」

 パリ郊外のランジス市場を視察する小池百合子東京都知事(中央)=24日(代表撮影・共同)  パリ郊外のランジス市場を視察する小池百合子東京都知事(中央)=24日(代表撮影・共同)
 【パリ共同】希望の党代表の小池百合子・東京都知事は24日、出張先のパリの郊外にある世界最大規模の卸売市場「ランジス市場」を視察した。築地市場から豊洲市場への移転を来年秋に予定する中、小池氏は取材に「閉鎖空間など、豊洲と同じコンセプトで先例になっている。市場全体を企業が運営している点は参考にしたい」と述べた。

 衆院選に関しては「厳しい結果が出た。改めて都政に専念せよという都民、国民の声であったと真摯に受け止めたい。国政は、国会議員になった皆さんと相談しながら丁寧に進めたい」とした。

(10月24日21時30分)

政治(10月24日)