国内外ニュース

米大統領、現実的に? 通商交渉は「一歩一歩」

 企業関連のイベントで発言するトランプ米大統領=24日、ホワイトハウス(AP=共同)  企業関連のイベントで発言するトランプ米大統領=24日、ホワイトハウス(AP=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで開催した企業関連のイベントで「通商交渉は長い道のりだ。一歩一歩進めることが大事だ」と述べた。

 貿易赤字削減に向け、相手国と早急に通商協定を結びたいとしてきたトランプ氏だが、カナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の難航を前に、現実的になったようだ。

 トランプ政権はNAFTA再交渉に続き、韓国と自由貿易協定(FTA)の再交渉を始める方針。日本とのFTA締結にも意欲を見せている。ただ、NAFTA再交渉は目標だった年内合意を早くも断念した。

(10月25日6時31分)

経済(10月25日)