国内外ニュース

NY原油、半年ぶり高値 サウジ閣僚発言に反応

 【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク原油先物相場は3営業日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の12月渡しが前日比0・57ドル高の1バレル=52・47ドルと、4月中旬以来約半年ぶりの高値で取引を終えた。

 サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が、原油市場の需給均衡に向けてあらゆる措置を講じる姿勢を示したと伝わったことから、買い注文が膨らんだ。

(10月25日8時20分)

経済(10月25日)