国内外ニュース

ロシアや日本でサイバー攻撃 身代金ウイルスの感染広がる

 【ワシントン共同】ロイター通信など欧米メディアは24日、大規模なサイバー攻撃が同日、ロシアや欧州、日本で確認されたと報じた。ロシアのインタファクス通信で一時的にシステムが停止したほか、ウクライナのオデッサ国際空港では航空便に遅延が生じた。

 一連の攻撃で使われたのは「バッドラビット(悪いうさぎ)」と名付けられたウイルスで、データを暗号化して読めなくし、復旧と引き換えに金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」。被害者は、仮想通貨ビットコインで約275ドル相当(約3万円)を支払うよう指示されたという。

 被害の大半はロシアに集中。日本での詳しい被害は不明。

(10月25日11時06分)

国際(10月25日)