国内外ニュース

辺野古への移設、海上で抗議 埋め立て着手半年、沖縄・名護

 米軍普天間飛行場移設先の沖縄県名護市辺野古沿岸部で、カヌーに乗って抗議する人たち=25日午前  米軍普天間飛行場移設先の沖縄県名護市辺野古沿岸部で、カヌーに乗って抗議する人たち=25日午前
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の沿岸部で25日、移設に反対する市民らがカヌーや船に乗って海上から抗議した。沿岸部での埋め立て工事着手から同日で半年。別の工区で新たな護岸造成に向けた準備を進める政府に対し、反対の民意を改めて示したい考え。

 22日投開票の衆院選では、沖縄の4選挙区のうち移設反対派が3選挙区で勝利した。翁長雄志知事は「(移設反対の)流れは維持できている」としている。

 海上抗議に先立ち、うるま市の伊波義安さん(75)は「県民の辺野古ノーの信念は揺るぎない。絶対に諦めず、闘いを広げたい」と力を込めた。

(10月25日10時46分)

社会(10月25日)